藤沢の司法書士・行政書士事務所が相続の悩みをすっきり解決!

湘南相続ドットコム

 0466-54-7778

相談受付 平日 9:00-19:00

不動産 遺言

遺言書で土地を分割して渡す方法と注意点

  相続財産として子供たちに土地を分割して残してあげたいといった場合は、 遺言書の作成にひと工夫が必要になります。 土地を分割して渡す場合に必要な準備 遺言書の書き方 先に土地を分割しても大丈夫か? といった論点について解説してみたいと思います。   遺言書で土地を分割して渡す場合に必要な準備 土地を分割してそれぞれ子供たちに渡す場合に必要となるのが、 土地の測量 分割点の指定 です。 一つの土地をいくつかに分けることを「分筆」といいます。 この分筆をするためには、隣接する土地や道路と ...

ReadMore

不動産 相続手続き

家族信託した不動産の相続手続きってどうなるの?

家族信託による認知症対策や2次相続対策を行うケースが増えてきました。 家族信託の場合、財産を管理する人に名義変更をしてしまいます。 財産を預けた人が亡くなった場合に通常とは違う相続手続きになりますので その点解説してみたいと思います。   信託財産の相続手続きの原則 家族信託をすると 財産を預ける人(委託者) 財産を管理する人(受託者) 利益を受け取る人(受益者) の3つの立場の人が財産にかかわることになります。 財産を預ける人が認知症対策を行ったり、2次相続対策を行うわけですが、 この人が亡く ...

ReadMore

相続手続き

貸金庫に遺言書を入れてはダメな3つの理由

銀行の貸金庫に大事な書類を入れて保管したりしますよね。 ただし、銀行の貸金庫に遺言書を書いて保管するのは絶対におすすめしません。 もし遺言書が入っているなら今すぐ貸金庫を開けて対策を取りましょう。 この記事では、 遺言書を貸金庫に入れたときに起きるデメリット おすすめの遺言書の管理方法 について書いてありますので、遺言書に限らず貸金庫を使っている方は ぜひ読んでおいてください。 遺言書を貸金庫にいれるデメリット 遺言書を貸金庫にいれると以下のようなことが起きます。 遺言書が発見されない 相続人が貸金庫を開 ...

ReadMore

不動産 相続手続き

相続開始後の固定資産税の支払いは誰がするの?

相続の際亡くなった方の固定資産税の納税通知書が送られてくる場合があります。 相続の際に固定資産税の納税通知が来た場合、 誰が固定資産税を支払わなければならないか? 相続する人が決まらない場合、固定資産税は支払わなくていいか? 相続放棄する場合も支払わなければいけないのか? といった疑問点がでてくるかと思います。 相続時の固定資産税の支払いについて解説したいと思います。   相続時の固定資産税の支払いは誰がするか? 固定資産税の支払い義務者は、 毎年1月1日に所有者として法務局に登記されている人 ...

ReadMore

不動産

未登記物件の相続手続きには市町村への届出が必要

不動産の相続手続きでは、法務局への登記申請によって所有者の変更をします。 ただし、法務局で管理している不動産は「登記されている不動産」だけになります。 世の中には、登記されていない建物が多くあり相続手続きでしばしば問題となります。 登記されていない不動産(未登記物件)の相続手続きの方法について解説いたします。   未登記不動産の名義変更は市町村への届出が必要 登記されていない不動産について相続が起こった場合には、 原則、市町村の資産税課へ変更の届出が必要になります。 各市町村ごとで届出の書類の名 ...

ReadMore

不動産 相続手続き

相続不動産に知らない人の仮登記がついていた時の対処法

相続手続きを長いこと放置していた不動産の場合仮登記がついているケースがあります。 こうした場合には、単純な相続による名義変更では問題が解決しません。 相続不動産に仮登記がついていた時にどうしたらよいのか解説いたします。   相続不動産に知らない人の仮登記がついていた時の対処法 相続不動産に仮登記の記載があった場合には、2つのケースに分けて考えます。 仮登記には以下の2つのパターンがあります。 すでに仮登記の人に権利が移転しているが書類が足りなかったので仮登記になっている まだ仮登記の人に権利が移 ...

ReadMore

相続手続き

生命保険の保険金を多くもらった相続人の相続分は減るの?

相続手続きで特殊な財産として生命保険があります。 相続財産を分けるときに生命保険をめぐってトラブルとなるケースもあります。 生命保険に関して、 生命保険は相続財産となるのか? 相続人同士の話し合い(遺産分割協議)で生命保険を分けられるか? 生命保険を多くもらった相続人の相続分は減るのか? 相続放棄したら生命保険はもらえないのか? といった点について解説します。 この記事を読んでおくと相続時に必ず役にたちますのでぜひ読んでみてください。   生命保険は相続財産か? 生命保険は、故人が残したものでは ...

ReadMore

不動産

老後資金で使われるリースバック契約のメリット・デメリット

売却後も住み続けることを契約内容とした自宅不動産の売却をリースバック契約といいます。 相続対策としては、不動産の分割が難しく子供たちがもめそうな場合に、あらかじめ不動産を売却して 現金化しておき、老後資金に使用するとともに相続人に分配しやすくするといった使い方があります。 近年登場してきたリースバックによる自宅の現金化ですが、 メリット・デメリット両方あります。 よく理解しておかないとリースバック契約で住む場所を失ってしまったり、 支払う賃料が高く財産が減少してしまうだけの結果のこともあります。 あなたが ...

ReadMore

相続手続き

法定相続情報証明情報の取得方法と便利な使い方

法定相続情報証明制度が2019年5月29日から始まっています。 相続手続きの時に、法務局へ一定の書類を提出すると相続人が誰かという証明書を発行してくれます。 この法務局から発行される「法定相続情報一覧図」には便利な使い方があります。 法定相続情報一覧図の取得方法 法定相続情報一覧図の便利な使い方 法定相続情報証明制度利用の注意点 について解説いたします。 法定相続情報一覧図の便利な使い方 法定相続情報一覧図を取得しておくと以下のような便利な使い方ができます。 金融機関での相続手続き時に戸籍の束の代わりにな ...

ReadMore

相続手続き

相続時に住宅ローンが残っていた場合の処理と相続税の計算方法

相続が発生した際に、住宅ローンが残っている場合は、 住宅ローンの返済手続き、不動産の登記手続き、相続税の計算などをする必要があります。 相続発生時の 住宅ローンの返済手続き 不動産の登記手続き 住宅ローンは相続税の計算に含めるのか? といったことを解説いたします。   相続時の住宅ローンの残債は、団体信用生命保険で支払われる 亡くなった方の住宅ローンは、 団信(団体信用生命保険)に加入していれば保険会社によって全額支払われます。 相続人が住宅ローンを引き継ぐといったことはありません。 相続時の団 ...

ReadMore

 

Copyright© 湘南相続ドットコム , 2020 All Rights Reserved.