藤沢の司法書士・行政書士事務所が相続の悩みをすっきり解決!

湘南相続ドットコム

 0466-54-7778

相談受付 平日 9:00-19:00

遺言

遺言書で生命保険の受取人を変更できる?

投稿日:

遺言書では財産をどのように相続させるかを書くことができますが、

生命保険は通常相続財産とは扱われません。

「子から後妻へ生命保険の受取人を変更する」

といった遺言書が出てきたときには問題になります。

この記事では

  • 遺言書で生命保険の受取人変更ができるのか?
  • 生命保険の受取人変更のための条件

と解説いたします。

 

遺言書で生命保険保険の受取人変更ができる

保険金の受取人の変更は、遺言によってすることができます。

これは保険法第44条の規定で定められています。

第四十四条 保険金受取人の変更は、遺言によっても、することができる。
2 遺言による保険金受取人の変更は、その遺言が効力を生じた後、保険契約者の相続人がその旨を保険者に通知しなければ、これをもって保険者に対抗することができない。

ですので、

「生命保険金の受取人を子から後妻に変更する」

といった遺言書も有効なものとして取り扱われます。

遺言者の死亡によって保険金受取人の変更は効力を発生します。

 

遺言書で保険金受取人が変更されても保険金を受け取れるとは限らない

生命保険のことを遺言書に書いてもそのとおり内容が実現されるとは限りません。

上記保険法の44条に書いてあるとおり、

保険金をスムーズに受け取るためには、

契約上の受取人が保険金を受け取る前に、受取の変更を保険会社へ通知すること

が必要になります。

遺言書に保険金の受取人変更が書いてあったら、

受け取る人は何よりも速く保険会社へ連絡することが必要です。

保険会社は遺言書で受取人変更がおこなわれていることを知る機会は

通常ありませんので、契約所の受取人に生命保険金を払ってしまっても

文句を言われる筋合いはないのです。

 

まとめ

遺言書は効力をもつ内容が厳しく法律で定められています。

生命保険の受取人変更は、意外と知られていない遺言の効力です。

生命保険の相続への活用は簡単なものではなく、トラブルも多く起こっています。

遺言書を書く際には注意してみてください。

【藤沢・茅ヶ崎】湘南地域の相続手続き一括サポート

・着手金0円の相続手続き一括サポート



お問合せは
0466-54-7778
受付時間 9:00~19:00(土日・祝日を除く) 又は
info@lawrite.jp
まで

・LINEでのお問合せはこちらから

友だち追加数

メール・LINEでのお問合せは24時間受付けております。



相続に関する相談受付中!

当サイトの記事をお読みいただいても問題が解決しない場合には当司法書士事務所への相談をおすすめします。

ご相談は無料ですのでお気軽に司法書士事務所ローライト湘南までお問い合わせください。

TEL 0466-54-7778


無料相談フォームはこちら

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アバター

司法書士・行政書士 成川修一

司法書士事務所ローライト湘南 代表 慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科修了 研究所研究員、プロギタリストを経て、神奈川県藤沢市で司法書士・行政書士事務所を運営。 相続、不動産、企業法務が専門分野

-遺言

Copyright© 湘南相続ドットコム , 2020 All Rights Reserved.